プロポリスの口コミとランキング
厳選&比較

プロポリスの消費期限と保存方法

プロポリスは、細胞を健康な状態に保ったり調整したりする働きをするので、がん治療、胃潰瘍、気管支炎、アトピーなどに効果があるというデータが出ています。
そのため、世界各国で注目され、質が良いものは高値で売られています。

プロポリスは、ミツバチが自分たちの巣を無菌状態にするために作り出しているものなので、その効果は幅広く、さまざまな商品が売られています。

プロポリスは、液体状となって製品化されるのですが、アルコールを使って抽出されているものは、保存期間が他の方法で抽出したものよりも長いのが特徴です。
アルコールは元来、保存をするために利用されてきていたので、その効果はみなさんも想像できるでしょう。
プロポリスを抽出する時にアルコールを使っている場合と、水で抽出している場合とがあり、水の場合は防腐剤や保存料を入れて製品化されています。

どちらにしろ、消費期限は長くなりますので、プロポリスの保存方法としては、直射日光に当たることがなく、湿気も少ない冷暗所に色付きのビンに入れて保存するのがベストです。
だからといって、あまり人目に触れない場所だと、購入したまま忘れてしまうケースもよく聞きますので、いつも目に入り確認しやすい場所を選ぶと良いですね。

プロポリスは、40度を超えるブラジルの炎天下の中でミツバチの巣を守っているので、暑さにはかなり強いようで、日本の猛暑にも負けずに栄養はそのまま保てるようです。
中には、はっきりとした消費期限の記載がないプロポリスもありますが、できればどの種類のプロポリスも早めに消費してください。

商品によっては3年となっているものもあり、あまり神経質になることもないようですが、プロポリスの性質上、アルミやビニールなどを溶かす成分があるので、色付きビン以外で放置した場合のプロポリスを摂取してしまうと、体調に何らかの影響があると予測されます。
色付きビンでの保存をしていない場合、くれぐれも放置したまま忘れることのないようにしましょう。

トップに戻る